Read Article

構図を考えれば写真はもっと上手くなる!!色々な構図を知ろう

構図を考えれば写真はもっと上手くなる!!色々な構図を知ろう



前回の記事では、三分割構図に関して詳しく紹介しました。

【写真を上手に撮るコツ】iPhoneでも出来る三分割構図!! | hideaki matsubara 今日も良いhide

 

簡単に言うと構図とは、
「どんなバランス・配置で、目的としているの物を撮影するか」
という事です。

構図には、色々な種類があります。
詳しい説明はちょっと割愛させていただきますが、
今回は、写真付きで構図の紹介をしていきたいと思います。

カメラを買ったけど、なんだか写真がイマイチの方も、
スマホで撮影する方も、是非とも参考にしてみて下さい。

それではいってみましょう!!

▼写真撮影に使える8つの構図をご紹介!!

  • 1.三分割構図
  • 2.シンメトリー構図
  • 3.日の丸構図
  • 4.対角線構図
  • 5.斜線構図
  • 6.対比構図
  • 7.パターン構図
  • 8.山型構図

1.三分割構図

Aperture 3

Aperture

Aperture 7
前回詳しく紹介した三分割構図
構図の中ではもっともポピュラーな構図です。
画面のタテ・ヨコそれぞれを三分割にしてできる線を参考に、
その線上・線の交点上などに被写体を配置する方法です。

2.シンメトリー構図

IMG_0402

IMG_0061-Edit-Edit

IMG_0016

IMG_0005-Edit-Edit-Edit
上下または左右に対象な景色や建物などを写す構図。
僕が一番好きな構図です。
画面の半分は同じ要素となる為、
必然的にシンプルにまとめる事ができる構図です。

3.日の丸構図

IMG_8038-2

IMG_0359-Edit

IMG_0034-Edit
被写体を中心に置く構図。
よく素人の失敗例みたいな紹介が多いですが、
これもちゃんとした構図なのです。
狙ってこの構図にしたのなら全然OKです。

4.対角線構図

IMG_0002

IMG_0023

IMG_0111a
画面の対角線に沿って被写体を設置する構図。
対角線は画面上で一番長い線となりますので、
奥行き感が生まれます。

5.斜線構図

IMG_0012

IMG_0035-Edit-Edit-Edit

IMG_0069-Edit
斜めのラインを利用した構図。
写真の中に斜めのラインが増えるほど、
効果も高まります。
正面からの撮影よりも、斜めからの方が
立体感が表現しやすいです。

6.対比構図

82bdcf96d62d4de311bd766bca98aefc

IMG_0034-Edit

IMG_0156
異なる被写体で対比を作る構図。
シンメトリーと似ていますが、
必ずしも画面を等分にする必要はありません。

7.パターン構図

a11b4bb3ba448d1fa402ac3dc62cc91f1

IMG_0012-Edit

IMG_0022
連続した同じような形を取り込む構図。
同じような被写体を写すので、
その数が多いほど印象的な写真になります。

8.山型構図

IMG_7168-2

IMG_6286-Edit

IMG_0070-Edit
画面上に三角形の頂点がくる構図。
高層ビルなどの高い被写体を、広角レンズで
下からあおって撮影するとこうなります。
ダイナミックな雰囲気が表現できます。

▼最後に

今回は8つの構図を紹介しましたが、
実はこれ以外にも、まだ何パターンかあるんです。

そして、構図は「1つの写真に1つの構図」ではなく
色んな構図パターンを組み合わせる事ができます。

もちろんそこまで考えながら撮影するのは
かなり難しいですが、「おっ!?」となる写真には
色々な要素が含まれています。
その要素を探って自分なりに答えを出して、
また次の撮影に生かして下さい。


URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top